蓄電池とは

蓄電池は、電気を蓄えることができ、充電することにより繰り返し使える電池のことです。
しくみとしては、充電池と同じです。コンセントから電気を蓄え使用するかたち、太陽光発電システムと連携することにより、太陽光発電によって創られた電気を蓄え使用するかたちなどがあります。貯めた電気を必要なときに使うことができるので、万が一の停電時にも電気を使用できます。
また、平常時には電気料金の安い夜間の電気を貯め、昼間にその電気を使うことで電気料金の軽減にも繋がります。

蓄電池導入のメリット

①停電時に電気が使える
蓄電池に電気を貯めておけば、万が一の災害や停電時に電気を使うことができます。 照明や冷蔵庫やテレビの使用、携帯電話やスマートフォンの充電などができるので万が一のときの安心が得られます。また、太陽光発電システムと連携することにより、昼間に太陽光発電システムで充電できるため、停電が長引いても安心です。
②電気料金の軽減
夜間の電気料金は昼間の電気料金に比べ安くなっており、その安い夜間電力を貯めて昼間に使用すれば、昼間に買う電気が減ることにより電気料金の軽減に繋がります。 また、太陽光発電システムと連携し、夜間に蓄電池に貯めた電力を昼間に使うことにより、太陽光発電システムで創った電気をより多く売電することが可能になります。(※これをダブル発電といい、売電単価が太陽光発電単独の売電単価に比べると安くなります。)

蓄電池導入のデメリット

①安くない買い物
蓄電池の金額の平均は1kWhあたり十数万~二十数万円程になり、家庭用の蓄電池(容量1kWh~14kWh)でも工事費まで含むとトータルで数十万~数百万円の費用となり、安くない買い物となります。
②設置場所の確保が必要
蓄電容量の少ない壁掛けタイプやコンパクトなものですとそれほど気になりませんが、それなりの蓄電容量があるタイプですと設置する場所の確保が必要になります。設置する場所があるかというのも導入の際のポイントの1つになりえます。

蓄電池システムのタイプ

・コンセントに繋ぐタイプ
・系統連系タイプ